TOP > Q&A > 入学志望の方へ

WWW サイト内

Q&A

入学志望の方へ


  • Q. 平成30年度入学試験の日程を教えてください。
    第一次試験(学科)
    平成29年7月23日(日)
    第二次試験(身体検査) 身体検査Aは平成29年8月26日から9月3日までの間に、身体検査B(脳波)は平成29年11月18日から26日に実施を予定しています。第2次試験(身体検査)の実施日時・場所等については、第1次試験の合格者の皆様へ別途お知らせいたします。
    第三次試験(面接・適性) 平成30年1月15日から25日に実施予定。
  • Q. 航空大学校の入試では、一次試験の成績は二次試験及び三次試験に影響するのでしょうか。
    当校の入学試験は、基本的には一次から三次までそれぞれ独立した試験ですが 、最終合格者の決定にあたっては、二次試験合格者の中から第一次試験及び第三次試験の結果で総合判定することとしています。
  • Q. 航空大学校入学試験の二次試験や三次試験では、どのような試験を行うのですか? 操縦適性検査では、入学前の学生に操縦させたりするのでしょうか。
    二次試験は身体検査(心理適性検査を含む)を行います。三次試験は面接試験及び飛行訓練装置による操縦適性検査を行います。
  • Q. 女子が航空大学校を受験する場合、男子と比較して不利になる科目、検査等がありますか。
    受験科目及び身体検査とも、性別による差別化はしていません。
  • Q. 卒業生の就職状況を教えてください。
    航空大学校では、これまでに3,800名を超える卒業生を送り出しています。
    卒業生の大半はエアラインに就職しており、主要エアラインパイロットに対し 航空大学校の卒業生は約40%を占めています
    就職状況について
  • Q. 航空大学校を卒業した女子学生の就職状況を教えてください。
    平成29年3月までに当校を卒業した女子学生は27名います。彼女達の就職状況は次のとおりです。全日空(エアーニッポンを含む)、ANAウイングス、日本航空、日本トランスオーシャン航空、ジャルエクスプレス、ジェイエア、ソラシドエア(旧スカイネットアジア航空を含む)、日本エアコミューター、スターフライヤー、本田航空、航空大学校(教官)です。
  • Q. わたしは航空無線通信士の勉強をしている者です。電気通信術のことについてお伺いします。 航空無線通信士の電気通信術を勉強するにはどうしたら良いですか。
    航空無線通信士の資格は、実機による操縦訓練に必要であるため、合格者に対し入学前に取得するよう勧めている資格の一つです。当校が学生に推薦している参考書等は、(財)電気通信振興協会から出版されている「無線工学」、「法規」、「英語」、「電気通信術」(欧文録音テープ、欧文受診用紙含む)、「問題集」(既出問題回答集)です。価格等の詳細は(財)電気通信振興協会へ問い合わせ願います。
  • Q. 航空大学校へ入学した場合、奨学金を受けることはできますか。
    航空大学校で奨学金を必要とする学生には、選考のうえ一般財団法人航空振興財団から一定額(月額60,000円)の奨学金を受けることが可能です。この奨学金は他の奨学金との併用が可能です。 しかし、審査基準があるため、希望者全員が奨学金を受けられるとは限りません。航空振興財団の奨学金以外には、日本政策金融公庫等の教育ローンの融資を受けることは可能ですが、こちらは学生個人で手続きが必要です。



  • ページの先頭へ
  • トップページ