TOP > 実科教官室 > 宮崎課程

WWW サイト内

実科教官室

宮崎課程

 帯広で自家用操縦士資格相当の技量をマスターして宮崎に戻ってくると、いよいよ事業用操縦士資格相当を目指し、訓練が行われます。
宮崎課程では本格的にプロを目指す訓練になるため、帯広課程よりもより精度の高い技量が求められます。一方で、クロスカントリーでの他空港へのフライトなど、空を飛ぶことの本当の楽しさ、面白さが実感されてくる時期でもあります。
宮崎課程は6ヶ月間で、78.5時間のフライト訓練、さらにFTD(模擬飛行装置)を用いた訓練が17時間設定されており、仙台課程で取得する計器飛行証明の資格に必要な予備知識を得ます。


単発操縦演習2 A36(宮崎)

教授科目 同乗時間 機長時間 単独時間

離着陸

5+30 8+30 1+00 15+00

空中操作

5+00 7+30 1+00 13+30

基本計器

6+30 3+30 - 10+00

野外飛行

4+30 26+30 4+30 35+30

審 査

- 4+30 - 4+30
21+30 50+30 6+30 78+30